FC2ブログ
難聴気楽【難聴でも気楽にいこう♪】 ホーム » 小屋暮らしの前に »保険の見直し

保険の見直し  


無駄に保険をかけていたあの頃…(遠い目

現代人が人生で最もお金を使うものは3つ。

家、保険、車。

この3つを抑えることができれば人生でそこまでお金に悩むことは無いと思う。
小屋を作ってそこで暮らそうと思った時、固定費を下げるにはどうしたらいいかなと考えたら保険に目が行ったんだよね。

当時、親に言われるまま知り合いの保険屋さんに加入して毎月2万円以上飛んで行ってた。
もしものときが来ても安心だからと言われ、そうかそうなのかと何も考えていなかったけど、あの頃の自分に小屋ぶつけてやりたいくらい無駄だったと思いますw

家とか車と違って保険は一番タチが悪い。
保険は毎月の支払いは淡々と口座から引き落とされるだけだから、意識することなんてほとんどない。
んでもって家や車のローンとかと違って終わりがない。
大手生保の平均年収は1000万円を超えるけど、この給料は自分らが払ってんだと思うとすげぇヤじゃない?

保険は家に次いで2番目に大きな出費とされています。
このようなものに、知り合いの会社だの親のすすめだので簡単に印鑑押しちゃいけないものだったんだと後悔していますが、20代でこれに気づけたのはまだよかったかなとも思う。
もちろん保険自体が不要だとは言わないけど、日本は公的保険が充実しているので本当にその保険がが必要なのかよく考えるべきで、実際そんなに必要なもんでもない。

個人の価値観や環境でも変わってくるからこれが正解とも言えないけど、自分は人生で2番目に大きな支出をするか否かの選択をしているという自覚は持ったうえで判断したほうがいいよね。

オレもそうだったんだけど、一度保険に入ると解約が面倒だし自分だけで見直しってなかなかできないんだよね。
億劫ではあるんだけどやらないと永久的に搾り取られるづけるという…。
えげつねぇ。

そんなわけで、保険の見直しを考えてお願いしたのが

保険見直し本舗



店頭での相談もできるのですが、自宅や飲食店での相談もできるということだったので自宅でお願いした。
店頭とかお店だと声が聞き取りづらいので、環境を自分で整えられるだけ自宅のほうがいい。

来てくれた担当者は30代くらいの男性で1時間くらい話しましたね。
職業、収入、今の保険の加入について話した後、必要な保険の有無についてなど。

最終的に県民共済とがん保険だけ入っておいて、後は全部解約しちゃいましょうということで話がつきました。
そして新たに加入したほうがいい保険はありませんよということで、押し売りが全くなかった(;^ω^)

そんなこんな保険にかけていた月々の金額が15,000円以上減って固定費がぐっと下がった。

正直、がん保険も要らない気がするし家出来て結婚するとなるとまた考え直さないといけないだろうから、その時はまた相談しようと思ってます。
…しかし、ここまで来てくれるかな?w


ps
たけのこに服を買った。
かわいすぎません?w


たけのこ_180410_0080

たけのこ_180410_0084




******************
ニコ生【山小屋氷川んち】⇒こちら
氷川爽助Twitter⇒こちら


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ
にほんブログ村
******************

category: 小屋暮らしの前に

thread: 節約

janre: ライフ

tb: --   cm: 7

コメント

母親が息子に高額保険に加入させる理由
金持ってると女に騙されるから

助兵衛 #- | URL
2018/04/10 21:38 | edit

県民共済勧める保険屋さんは良心的ですね。
僕は県民共済だけ入っています。日本には高額医療費制度がありますからほとんどの場合貯金で賄えます。貯蓄型保険が日本では人気ですが、投資と考えると分かりやすいです。例えば投資信託であれば目論見書を見れば証券会社などの販売会社、運用会社の取り分や経費が分かりますが貯蓄型保険は経費がぼかしてあります。まともに資産運用してる人間からしたら経費の分からない投資など有り得ません。将来に備えるなら半年分ほどの生活費と小屋や車の維持費修繕費だけ貯金しておいて残りiDeCoやつみたてNISAで運用するのが賢明だと思います。
長々とすいません。こういった話に多少心得があるので。

ファマ #- | URL
2018/04/11 01:23 | edit

すいません。追記です。
保険の事を保険屋に相談してはいけません。株の事を株屋に相談してはいけません。人生設計についでFPに相談してはいけません(投資商品の仲介業をやらない方々は除く)金融商品の世界は客と販売会社の利益相反 つまり客が損する商品が儲かる商品というわけです。ウォーレン・バフェットの散髪が必要かどうか床屋に聞いてはいけないという言葉が真理だと思います。

ファマ #- | URL
2018/04/11 01:35 | edit

団体保険に入ると個人保険入る気無くす
個人保険の半額以下だし

けつべぇ #- | URL
2018/04/11 09:23 | edit

Re: タイトルなし

助兵衛さん

(´;ω;`)ウッ…親ゆえのやさしさか。

氷川爽助 #- | URL
2018/04/11 20:49 | edit

Re: タイトルなし

ファマさん

保険屋は加入させてナンボですからねぇ(-_-;)
恐ろしいもんですよ…。
それで浮いた分を投資に回すというのは賢い考え方ですね!

氷川爽助 #- | URL
2018/04/12 20:26 | edit

Re: タイトルなし

けつべぇさん

会社でそういうのがあればそちらでも十分抑えられますよね!
中には二重三重に入っている人もいるかもしれません…。

氷川爽助 #- | URL
2018/04/12 20:28 | edit

コメントの投稿

Secret

いつもありがとうございます!

カレンダー

プロフィール

メディア露出等情報

Ads by Google

最新記事

全記事表示リンク

Ads by Google

カテゴリ

Ads by Google

月別アーカイブ

▲ Pagetop