難聴気楽【難聴でも気楽にいこう♪】 ホーム » 補聴器 »補聴器との出会い

補聴器との出会い  


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

この世に訪れて26年間、難聴とつきあってきました。

補聴器を付け始めたのが小学校1年生のとき。

当時の障害等級は6級。

このくらいの聞こえなら、補聴器をつけなくてもあまり影響ないということでしたが

「授業をしっかりきけるように」

と、いうことで両親から買ってもらい補聴器生活がスタートしました。

当初は子供ながらにあのダサさが気に食わないのと、耳の違和感が気持悪くて嫌がっていたのを覚えています(笑

その頃の補聴器は防水機能なんてまったくないので、汗とかですぐ壊れてしまうんです。

だから、髪を短くして少しでも汗に濡れないようにしているんですが

「補聴器見えたら恥ずかしい!隠したい!」

と反抗したようです(あんま覚えていないですが・・・)

その後どうなったんかなぁ(;´∀`)

他人事のようですが、どうにも記憶が少ないのですよ。。

アルバム見たら、長くもなく短くもなくという感じなので、お互い譲ったのでしょう。

現在は個人的に短髪が似合うということがわかったし、手入れも簡単なんで、思いっきり補聴器をつけているのが丸わかりの状態です。

いまさら隠すこともないでしょう。

というか、この子なしではアタシが困るので、一緒にいてほしいのですよ(笑

さて、難聴の子供さんがいるご両親も、補聴器に関しては悩んでいる人もいるかもしれませんね。

子供が嫌がる。
学校でからかわれるかも。


と不安に思う気持もわかりますよ。

ただ、実際に使っている人間からすれば

ぜひ使わせてあげてください。

今の補聴器は、ちょっと割高ですが、防水機能も付いているのでグランドで思いっきり駆け回って汗かいても、そうそう壊れるもんじゃありません。

髪伸ばして隠してもいいでしょう。

それに、早かれ遅かれ補聴器は使うことになるので、子供のうちに慣れさせたほうがいいです。

気がついたら、自分から使うようになりますよ。

学校でからかわれるかもというのは・・・。

結論から言えば、

からかわれることを覚悟してください。

別の記事で書きますが、補聴器つけていたら必ず通る道です。

でも、心配しないでください。

大丈夫です。

詳しくは、また書きますね。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
よかったら、クリックお願いします。

category: 補聴器

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

いつもありがとうございます!

カレンダー

プロフィール

メディア露出等情報

Ads by Google

最新記事

全記事表示リンク

Ads by Google

カテゴリ

Ads by Google

月別アーカイブ

▲ Pagetop