難聴気楽【難聴でも気楽にいこう♪】 ホーム » 気楽に生きる »障害者

障害者  



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


アタシはわざわざ「障がい者」などという、めんどくさい表記はしません。

本来は「障碍者」と書くそうですね。

まぁ、そんなことは当の本人からすれば、別に何だっていのです(笑

だって、どのみち身体に障害があるのは確かなんだし。

「人権に配慮して・・・」

なんてもっともらしいこと言っている人いますが、それやって何か改善できたんでしょうかね?

「障がい者という表記になって、精神的負担が軽くなりました!」

なんて話、いまだに聞きませんよ(笑

むしろ

「障害者という表記は不愉快なのでやめてください」

っていうのも聞いたことが無い。

そもそも「人権に配慮して・・・」なんていってる人は、たいがい健常者なんですよね。

自分たちがいかに障害者のことを考えているとの、アピールに過ぎないでしょう。

結局のところ、言葉や表記いうのは

「何かを指し示すもの」

であって、

「物事の本質にあたるもの」

ではないのです。

障害者・障がい者・障碍者・・・。

いろんな言葉で指し示そうとも、その本質は

「障害を持つ者」

なんです。

何回も読み返しているんだけど、理解されにくそうだなぁ。

なんか、まどろっこしいのではっきり言います!

言葉に意味なんて無いっ!(ドンッ!!)

1a6848bc.jpg



( ^ω^)おぉ、我ながら実にストレートかつ核心を突いた主張だ。

つまりですね、上記の言葉に限らず、すべてのものに善いも悪いもなくて、それに意味を持たせているのは、個人の価値観なんですよ。

どんな表記にも意味は無く、ただそうあるだけなんです。

だからね、細かいこと気にしないで気楽にいきましょうよ。

【おまけ】

J(;'ー`)し「あんた、障がい者って表記を気にしてるようにみえるよ」

(;^ω^)「こまけぇこたぁいいんだよぉ!」



ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

難聴・聴覚障害人気ランキング1位になりました!
皆さんのおかげさまで、ありがとうございます!

category: 気楽に生きる

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

いつもありがとうございます!

カレンダー

プロフィール

メディア露出等情報

Ads by Google

最新記事

全記事表示リンク

Ads by Google

カテゴリ

Ads by Google

月別アーカイブ

▲ Pagetop