難聴気楽【難聴でも気楽にいこう♪】 ホーム »気楽に生きる
カテゴリー「気楽に生きる」の記事一覧

自己肯定感って大事よ  


「なんでそんなに前向きなんだ?」

と聞かれることがあるんですが、自己分析の結果たぶん自己肯定感を持って生きているからじゃないかなと思います。
障害者はどうしても健常者と比べてしまい、劣等感を味わうことが多々あります。
その結果、自分に自信がなくなって自己肯定感というものを持てなくなってしまうんですよね。

じゃあ自己肯定感をもてばいいのか!


ってことになるんですが、いきなりそんなこと言われてもわかんないよね。
一般的に、自己肯定感を持つというのは

「自分は素晴らしい人間だ!」
「自分は価値のある人間なんだ!」


と思いながら生きていくという風に捉えられてしまうんですが、実はそういうわけでもない。
もちろん、そう思って生きられたらベストかもしれないけど急にそんな考え方に転向するなんてできやしませんよ。

だいたい、障害者は健常者と比べて劣っているのは事実なんですからなお難しい。
アタシだって「自分は素晴らしい人間だ!」なんて中々思えないですもん。
だからそこは無理に変えなくたっていい。

自分はけして素晴らしくない。
自分には価値がない。
自分は誰よりも劣っている人間だ。
自分は誰にも愛されていない。
自分はお金がない。
自分は不幸だ。
自分は恵まれていない。
自分はなにをやってもうまくいかない
…etc

誰でも1度はそう思うことあるんじゃないでしょうか。
そこにこの一文だけ付け加えてみてください。

「でも、胸を張って生きていいんだ!」

自分はけして素晴らしくない。
でも、胸を張って生きていいんだ!

自分には価値がない。
でも、胸を張って生きていいんだ!

自分は誰よりも劣っている人間だ。
でも、胸を張って生きていいんだ!

自分は誰にも愛されていない。
でも、胸を張って生きていいんだ!

自分はお金がない。
でも、胸を張って生きていいんだ!

自分は不幸だ。
でも、胸を張って生きていいんだ!

自分は恵まれていない。
でも、胸を張って生きていいんだ!

自分はなにをやってもうまくいかない。
でも、胸を張って生きていいんだ!

自分は障害者だ。
でも、胸を張って生きていいんだ!


自分のダメなところから目をそらして「自分は素晴らしい人間だ!」
と思ってもそれは自己肯定感にはならず、ただの一時しのぎでいつまでも付きまといます。
自分のダメなところと向き合ったうえで「でも、胸を張って生きていいんだ!」
と認めてあげる。

これが本当の意味での自己肯定感じゃないのかなと思います。

ある時、ふとネガティブな思考に囚われたときけしてそれを振り払おうとせず、
「でも、胸を張って生きていいんだ!」
と声に出さずとも、心の中で呟いてみてください。

それだけでも違うと思いますし、実際アタシはそれで今の環境が出来上がっていると言っても過言ではないと思います。


ps
障害者は健常者と比べて劣っているのは事実なんですからなお難しい。
勘違いしないでほしいのですが、上記の言葉には健常者にも障害者にも上下関係はつけていません。
優れているのが上で劣っているのは下なんて今のアタシの考え方にはないのです。

だから本来そこに劣等感を持つこともないのですが…なにかと上下関係を作ってしまうのがこの世の悲しいところ。



******************
ニコ生【山小屋氷川んち】⇒こちら
氷川爽助Twitter⇒こちら


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ
にほんブログ村
******************

category: 気楽に生きる

thread: 心の持ち方

janre: 心と身体

tb: --   cm: 0

障害を楽しむ方法?  


具体的にどうやって障害を楽しんでいるんですか?

とある人から、このような質問をいただきました。

正直なところ、これは返答に大きく迷う。

だって、何もしていないんですもん。

障害を楽しむために必要なのは

何もしないこと。

それで十分なんです。

そもそも、~しないと障害を楽しめないというのは、今のままじゃダメだ、もっと変わらないといけないという思い込みが強く表れてしまっているんですね。

今のままでいい。
変わらなくたっていいんです。
少しも健常者に近づく必要なんてない。


そういうと、みんな不安になるそうですが、アタシが言いたいのは行動するなとかダラダラしろという意味ではなくて、障害を持つ自分以外の何者にもなろうとするなってこと。

それこそが障害を楽しむことだと強く言いたい。

健常者と比較して劣等感を感じる必要なんてない。
健常者になろうとする努力だって必要ない。
障害者としての自分だけができる・やりたいと感じたことをやる。


アタシに関して言えば、その結果が今の小屋暮らし。
障害がある中でできること、やりたいことをやっただけでなにも特別なことはしていない。
障害を乗り越えて夢を実現した…なんて言う大それたものなんかじゃないんですよ。

2年以上このブログを書き続けて、ようやくわかり始めたのが

障害者が乗り越えるべき壁は1つしかなく、障害そのものは一切関係ない。

ってこと。

テレビなんか見てると、障害者は障害を乗り越えてどうのこうのって言うけどそれは健常者だけの認識。
実際に障害者が乗り越えるべき壁は、障害は悪いという固定観念だけです。
その固定観念に縛られて障害を拒絶するのではなく、それを崩して障害を受け入れる。
そうすれば、何もしなくたって障害を楽しめる。

障害そのものじゃなくて、障害者としての自分の人生といったほうが近いかもしれない。

…って健常者に言って伝わるかなぁ。
たぶん障害者でも伝わりにくいと思うんだけど、今のアタシにはこれが限界だ…(;´・ω・)


ps
頂き物①
10503.jpg

Aちゃんファミリーからもらったカレーと紅茶。

頂き物②
10504.jpg

会社の同僚からもらったおむすび・牛めしなど。

感謝(´;ω;`)

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ
にほんブログ村

category: 気楽に生きる

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性

janre: 心と身体

tb: --   cm: 2

いつもありがとうございます!

カレンダー

プロフィール

メディア露出等情報

Ads by Google

最新記事

全記事表示リンク

Ads by Google

カテゴリ

Ads by Google

月別アーカイブ

▲ Pagetop