難聴気楽【難聴でも気楽にいこう♪】 ホーム »気楽に生きる
カテゴリー「気楽に生きる」の記事一覧

障害を楽しむ方法?  


具体的にどうやって障害を楽しんでいるんですか?

とある人から、このような質問をいただきました。

正直なところ、これは返答に大きく迷う。

だって、何もしていないんですもん。

障害を楽しむために必要なのは

何もしないこと。

それで十分なんです。

そもそも、~しないと障害を楽しめないというのは、今のままじゃダメだ、もっと変わらないといけないという思い込みが強く表れてしまっているんですね。

今のままでいい。
変わらなくたっていいんです。
少しも健常者に近づく必要なんてない。


そういうと、みんな不安になるそうですが、アタシが言いたいのは行動するなとかダラダラしろという意味ではなくて、障害を持つ自分以外の何者にもなろうとするなってこと。

それこそが障害を楽しむことだと強く言いたい。

健常者と比較して劣等感を感じる必要なんてない。
健常者になろうとする努力だって必要ない。
障害者としての自分だけができる・やりたいと感じたことをやる。


アタシに関して言えば、その結果が今の小屋暮らし。
障害がある中でできること、やりたいことをやっただけでなにも特別なことはしていない。
障害を乗り越えて夢を実現した…なんて言う大それたものなんかじゃないんですよ。

2年以上このブログを書き続けて、ようやくわかり始めたのが

障害者が乗り越えるべき壁は1つしかなく、障害そのものは一切関係ない。

ってこと。

テレビなんか見てると、障害者は障害を乗り越えてどうのこうのって言うけどそれは健常者だけの認識。
実際に障害者が乗り越えるべき壁は、障害は悪いという固定観念だけです。
その固定観念に縛られて障害を拒絶するのではなく、それを崩して障害を受け入れる。
そうすれば、何もしなくたって障害を楽しめる。

障害そのものじゃなくて、障害者としての自分の人生といったほうが近いかもしれない。

…って健常者に言って伝わるかなぁ。
たぶん障害者でも伝わりにくいと思うんだけど、今のアタシにはこれが限界だ…(;´・ω・)


ps
頂き物①
10503.jpg

Aちゃんファミリーからもらったカレーと紅茶。

頂き物②
10504.jpg

会社の同僚からもらったおむすび・牛めしなど。

感謝(´;ω;`)

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ
にほんブログ村

category: 気楽に生きる

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性

janre: 心と身体

tb: --   cm: 2

心のざわつき  


前の会社を辞めるときはものすごい心がざわついた。

いや、本当に人生変わるレベルのものなのですごかったんですよ。

老後にやりたいことを今、やってみればいいんじゃないか。

と思ったその瞬間に、ザワザワザワーッ!!って鳥肌が立つくらいに…。

普通、こういう時はバシーン!と電撃を受けたような衝撃が走るものかと思うんですが、実際には違うのかもしれません。

あの時のことを考えてみると、仕事をやめて小屋暮らしをしたいというワクワクした感情と、そんなことをしたらものすごいしっぺ返しを食らうんじゃないかとブレーキをかける思考がぶつかり合っていたんだと思います。

基本的に人間って未知なものは危険と判断するみたいですね。
最初の会社を辞めるまでは仕事を辞めたことが無かったし、自分で土地を買って生活するなんてことも経験が無かったから防衛本能みたいなものが働いたんだと思います。

ちなみに、2回目の会社を辞めたときはそんなこと一切なかった。
仕事を辞めることが未知なものじゃなくなって、危険ではないと判断されたんだと思いますw

実際問題、仕事なんか辞めたって平気なんですから電●みたいなことにならないように改善してもらいたいもんです。
頑張ることが素晴らしいとか、我慢こそ美徳とかそんな洗脳教育がこの現状を引きおこs(話がずれていくので省略


今思えば、何かをやる前ってだいたいざわつきがあった。

例を挙げれば
・不動産投資のことを知った時
・埼玉の桶川で4000mからスカイダイビングできると聞いたとき
・群馬の水上でバンジージャンプやる?って聞かれたとき
・神津島で10mの崖から海へダイブできると聞いたとき

⇒これ前の会社の人が動画取ってたので残ってるか確認してみる。

などなど…。
思考は大体リスクの方を気にかけるようで、何が何でも自分を止めようとしてたんですが結局全部やったw
アタシは基本的に感情というか、感覚で動いちゃうのであまり思考のいうことを聞かないんですよね。

それがいいのかどうかは分からないんだけど、大体心がざわつくものをやってみても悪い結果にはならないことが多いです。
いや、厳密にいえば悪い結果にならないというよりは、そのざわつきに思いとどまって、行動に移せなかった場合の方が実はマイナスだったかもしれないなと思うことがかなりあるんですよ。

不動産やらなかったら不労所得を得る方法とか、それを最大限に生かす方法みたいなことも分からなかっただろうし、スカイダイビングなんかも一緒にやった仲間とずっと話のネタになるだろうし、バンジージャンプやった結果友達ができたりとか…。

だから、こういった心のざわつきが出たらそれをやってみてごらんよって言いたいところなんですが…。

この心のざわつきって、結構ストレスなんですよね。

感情と思考が一緒になってくれれば行動に移すのは簡単なんだけど、未知のものというのは危険だと判断するから行動にブレーキをかけてくる。
このどっちつかずの状態のストレスってのは、半端ないんですよ(;^ω^)
たぶん、みなさんも経験あるかと思いますが…。

これ書いてる途中で思い出したんですが、以前こんな記事を書きました。

障害を楽しむということ

障害者最大のストレスを楽しんじゃえば、障害者として生きるのも悪くないと書いたんですが、それはここでも生きてきます。
心のざわつきというストレスを楽しんで、そのざわつきに従って行動してみる。
それを繰り返すと、そのざわつきもストレスじゃなくなって、なんでもできるようになるんじゃないかなーなんて思ってたり。

なにも不動産投資始めろとか、地上4000mから飛び降りて来いとは言いませんw
ちょっとしたことでも心のざわつきって起こるんですよ。

いつも気になってるけどなかなか入れないお店に通りかかった時とか、
いつもの道と違う道を歩いてみたくなった時とか
誰かからスポーツとか趣味の紹介を受けたときとか


そんな時のざわつきに気づいたら、それはラッキーチャンスと捉えて従ってみたら退屈な日常に刺激ができるかもしれませんよ(*^ω^)


ps
ニコ生でざわつきがどうのって言ってたのを、リスナーさんから聞いてまとめてみたんだけど、実はそんなこと言った自覚があんま無いw
後で見返して、「アタシはこの言葉をどういう意味で言ったんだろう」って疑問に思うことすらある。
そういう意味でもニコ生は面白い。


にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ
にほんブログ村

category: 気楽に生きる

tb: --   cm: 0

いつもありがとうございます!

カレンダー

プロフィール

メディア露出等情報

Ads by Google

最新記事

全記事表示リンク

Ads by Google

カテゴリ

Ads by Google

月別アーカイブ

▲ Pagetop