難聴気楽【難聴でも気楽にいこう♪】 ホーム »障害年金
カテゴリー「障害年金」の記事一覧

障害年金が減額された  


年金機構から手紙が届きました。


大方、予想はしてたけど支給額の変更通知書。

5381.jpg


変更理由には、
受給権者の前年の所得が、政令で定める額に該当したため、年金の支給を一部停止しました。
とあります。

基本となる年金額は780,100円でしたが、所得が398.4万円を超えてしまったため半分支給停止になりました。

それと一緒にやってきたのが県民税・市民税の納税通知書。

5382.jpg

徴収される金額は330,800円。
11月2日までに165,800円、
2月1日までに165,000円支払ってくださいとのこと。

日本という国で生活させていただいている以上、税金はちゃんと納めます。
ですが、まとめて払う代わりに、ちょっと安くなったりとかしないもんですかね?(笑

こういう支払いの通知というのは「嫌だなぁ」と思うのが自然なことだと思いますけど、アタシはこういう時、あえて「よかったなぁ」と言ってみます。
そうすると脳みそが勝手によかったと思える理由を探し出してくれるんですよ。

年金が減額されるだけの収入があって、よかったなぁ。
まだこれだけの年金がもらえるなら、よかったなぁ。
税金を支払えるだけのお金があって、よかったなぁ。
ちゃんと国が仕事してくれて、よかったなぁ。
通知が間違いなく自分に届いて、よかったなぁ。


「嫌だなぁ」と思うことって「よかったなぁ」とも思えるんですよ。
出来事そのものは同じなのに、全然捉え方が変わります。

しばらく前に、「ジャイアントコーン理論」について書いたのですが、それと同じです。

出来事自体にいいとか嫌というものは無くて、自分がいいか嫌か決めつけてるだけなんだと実感します。
人間って面白いですね。

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村

category: 障害年金

thread: 幸せになる考え方

janre: 心と身体

tb: --   cm: 6

障害年金と所得制限  


基本的には制限はないです。

傷病時、国民年金や厚生年金の保険料を払っている人に限り、いくら年収が高くても貰うことはできます。

ですが、アタシの場合は「20歳前傷病」といいまして、成人になる前の障害です。
これは障害を抱えた時点では、公的年金の保険料を納付する義務がないため、所得制限が設けられています。
逆に言えば、年金保険料を納付していなくても障害の保障をしてくれるのでありがたいですね。

で、どのくらいの所得になったら制限されるかというと

・年間所得360.4万円⇒半分支給停止
・年間所得462.1万円⇒全額支給停止


になります。
※扶養家族がいるかとか、条件によって変動します。

所得制限を超えた場合に年金事務所から何らかのアクションがあるかと思うのですが、社労士の先生に聞いたら
「それはないですよ。止められるだけです」
とのこと(笑

ちなみに一度所得制限を超えたあと、制限以下の所得になったら再度支給されるようだけど、実際どうなのかはわかりません。

あと、脅かすつもりはないのですが…いつ、どうなるのかわからないのが人生です。
このような社会保障は自分には関係ないと思うのも自由ですが、何かあった時はこういうものもあるんだと頭の片隅に入れておくといいかもしれません。

(;^ω^) まー、これは来年止まるな。

にほんブログ村 病気ブログ 難聴・聴覚障害へ
にほんブログ村←制限なし

category: 障害年金

tb: --   cm: 2

いつもありがとうございます!

カレンダー

プロフィール

メディア露出等情報

Ads by Google

最新記事

全記事表示リンク

Ads by Google

カテゴリ

Ads by Google

月別アーカイブ

▲ Pagetop